沖縄の那覇でダイエットジムとしても人気、評判のパーソナルトレーニング比較ランキング!

パーソナルトレーニングを続けるためのコツ

    


せっかく肉体改造を試みてトレーニングを受けようとしても、中途半端にやめてしまったら効果は得られません。
でもなかなか続けるのは難しいです。
続けるためにどうしたらいいのかを知っていれば、もっと頑張れるかもしれません。

 

 

 

目標を持って利用すれば続けられる

手軽に運動が始められる施設としてスポーツジムがあります。最近は女性専用ジムや24時間営業のジムなどがあり、より手軽に利用できるようになりました。ただ入会金を払ったもののそれ以来ほとんど行っていない人もいるようです。何となく体のためにと入ったものの、入っただけで満足してそのままになってしまうのかもしれません。

スポーツジムよりも厳しいトレーニングをしたいのであればパーソナルトレーニングがいいかもしれません。専属のトレーナーが一人付き、付きっきりでトレーニングをしてくれます。こちらも一応自分の意思で通う必要があるので、スポーツジム同様に入るだけで満足するとなかなか通えない人もいます。

続けるためのコツとしては、目標を持つといいかもしれません。ダイエットをする、筋力アップを目指すなどです。ダイエットでも何となくダイエットをするなどではなく、10キロ減らすなど明確な目標を立てます。筋力アップなら、100キロのバーベルを上げられるようになるなどの目標を決めます。それが達成するまで続けようという気持ちを持てます。

 

日々の成果を記録してチェックする

簡単なダイエット方法として、レコーディングダイエットがあります。これは自分の行動やデータを逐一記録する方法です。食事の内容や体を動かした量、そして日々の体重や体脂肪率を記録します。痩せようとしなくても前日の行動や体重などを見ると何となく次の日に何かをしないといけないと感じるのでしょう。

この方法のいいところは、自分の意思で行えるところです。そのためにリバウンドもしにくいとされます。なかなかパーソナルトレーニングを続けられない人が続けたいときのコツとしては、日々の成果を記録するようにしましょう。毎日トレーニングをするときに、その日は何をしたのかを記録します。そして体重なども記録します。トレーニングに関係のない食事などを記録しても構いません。

すると少しずつ変化が見えてきます。前にできなかったことができるようになると、次はこれができるように頑張ろうと感じられます。知らないうちに足がジムに向きやすくなります。

 

トレーナーを信用してアドバイスをうける

学生時代に体育会系のクラブを経験するかもしれません。体育会系ではもちろん体を鍛えないといけないので、先輩からいろいろなトレーニングを指示されます。ただ辛いだけでなかなか続けられないときがあります。さぼろうとしたりごまかしたりしようとした人もいたでしょう。

パーソナルトレーニングにおいてもただトレーナーから辛いトレーニングを指示されても、その目的などが分からないと続けにくくなります。アドバイスも右から左に聞き流すだけになるかもしれません。続けるためのコツとして、トレーナーを信用することがあります。トレーナーはトレーニングに関するプロで、少なくとも素人である自分よりもトレーニングの知識を持っているでしょう。その人が言うのだから意味があるのだろうと考えながら行うようにします。

最初の方はどんどんトレーニングの意味を質問するのもいいでしょう。なぜこのトレーニングをするのかなどを聞くと、その必要性などを答えてくれます。苦しいトレーニングでも意味が分かれば続けられます。通うのも苦にならなくなります。

 

目標があればそれを達成しようとする気持ちがわきます。ダイエットなどでは明確な数字の目標を掲げるといいでしょう。
毎日のトレーニングの成果を記録しておくと、自分の体の変化がわかります。もっと変化したいと感じるようになれば、自然に続けられます。