沖縄の那覇でダイエットジムとしても人気、評判のパーソナルトレーニング比較ランキング!

那覇沖縄の食文化はダイエットの天敵!?

    

沖縄の食文化はダイエットの天敵

 

 

那覇でパーソナルトレーニングに備えるために、沖縄の料理について考えて見ましょう。那覇でパーソナルトレーニングに参加する理由の殆どはダイエットだと言われています。沖縄料理はカロリーがたっぷり、との評判です。しかし、実は沖縄料理にはもともとダイエットに通じるようなヘルシーな要素が含まれていたのです。本来伝統の沖縄料理を知ることによって、パーソナルトレーニングの助力となる知識を得ることができることでしょう。

 

 

 

沖縄の食事は世代によって違いがあります。伝統的沖縄料理には炒めた野菜がふんだんに使われ、余分な塩分や脂質は控えられる形になっていました。昔の沖縄の人はその歴史と経験から、身体に良い食材と料理方法に関しての豊かな知恵があったと言えます。

しかし、戦後アメリカの統治となったこともあって、西洋的な食生活が一般的となりました。例えばタコライスなどの新しい沖縄料理は、戦後アメリカの影響を受けて造られた料理です。それら西洋料理は、沖縄県民に健康にはあまりよい影響を与えませんでした。それを証拠に、昭和までは沖縄県民の平均寿命はトップを誇りましたが、現在では長野県などに抜かれています。これは昭和までは伝統的な沖縄料理で食生活を営んでいたお年寄りが、平成に入ってからは占領時代のアメリカ食文化世代にとって代わったため、と言われているのです。

 

ちなみにヘルシーな野菜を使った伝統的沖縄料理には、次のようなものがあります。

・チャンプルー

ゴーヤーやキャベツやモヤシ、そして沖縄独自の島豆腐とともに炒めた料理。東京でも一般的メニューとなった最もメジャーな沖縄料理。

・イリチ―

デークニーやパパイヤと言った野菜や果実などを、独特のだし汁と炒めた料理。

・シリシリー

デークニーやニンジンなどを卵と炒めた料理。

・アーサ汁

アオサを主に使った汁物。野菜や卵を使用する。

 

実はラフテーやソーキと言った豚料理は戦後に一般化したもので、戦前は贅沢な食材であり、家庭料理に使われることはあまりありませんでした。いずれも豚を使用する際には、もともとは茹でることで脂質を充分に抜いたヘルシーな食材だったと言えます。

この様に沖縄元来の料理は、一般的にヘルシー志向があってダイエットにも効果的です。戦後の料理が、ダイエットの必要性を招いていたんですね。パーソナルトレーニングの中でも、栄養管理に詳しいトレーナーもいますので、そんなトレーナーとも十分に話し合って、せっかくのヘルシーな地元料理に恵まれた那覇でのダイエットトレーニングなのですから、食生活の改善とも併せて効果的にダイエットを達成しましょう。